クリスタルガイザーシャスタ産の危険性は?賞味期限切れの心配も


 

炭酸水として販売されている「クリスタルガイザー」は、まとめ売りで炭酸水としては激安価格で販売されていることもあるなど、ミネラルウォーターを愛用する方にとってはもはやおなじみともいえる飲料です。

ですが、クリスタルガイザーには「危険視」しなければならない要素が数点存在し、激安価格ゆえの「デメリット」があることも視野に入れなければならないことをご存知でしょうか?
この記事では、そんなクリスタルザーにおける数個の危険性について紹介していきたいと思います。

クリスタルガイザーの水源地について

クリスタルガイザーは天然水を汲み上げて作られています。

水源地は一種類だけではなく「シャスタ産」と「オランチャ産」の二つからなり、それらの水産値はクリスタルガイザーの表示ラベルにきちんと記載されています。

シャスタ産とオランチャ産の決定的な相違点として「人体に問題のないレベルのヒ素」がオランチャ産には含まれているという特徴を持っており、ヒ素の含有を気にするのであればシャスタ産のクリスタルガイザーの方が安全に飲むことができるのです。

ヒ素には「発がん性」や「毒性」が強いことでも有名な成分であり。このように水源地にも一定量のヒ素が含まれていることは自然界では珍しいことではありませんが、オランチャの水源地は残念ながらヒ素が多いという事になります。

安売りされているクリスタルガイザーは賞味期限が近い事が多い

クリスタルガイザー 500ml×24本 [並行輸入品]

新品価格
¥1,993から
(2017/11/14 13:56時点)

通販サイトや実店舗にて、クリスタルガイザーのまとめ売りが単品が安売りセールが行われていることが多いです。

ですが、安売りになっているという事はそれだけの理由をクリスタルガイザーは持っているという事でもあり、「賞味期限切れ間近か」というデメリット要素がその代表的な一例です。

クリスタルガイザ―の賞味期限は表記は一本一本ペットボトルに熱で印をつけ表記しているという特徴を持っており、文字が透明ですので非常に見ずらいというデメリットがあるのです。

このため通販サイトや実店舗でも情味期限の確認を行う事は困難ですし、クリスタルガイザーは製造から2年経過すれば賞味期限を超えてしまうので、日本への輸入の段階で数カ月の期間を有してしまう以上売れ残ってしまうのは必然ともいえるのです。

クリスタルガイザーは普通のミネラルウォーターと言えるのか


結論から言えば、クリスタルガイザーは普通のミネラルウォーターですのでお子さんからお年寄りの方まで全年齢の方々にお飲みいただけることが可能です。
日本の水質高度と似た性質を持つ「軟水」である事も日本人に親しみやすい水質を持っていることも特徴的です。

クリスタルガイザーには水源地が二通り存在し、シャスタ産とオランチャ産を比べると、水質はシャスタ産の方が軟水であるという特徴もありますが、どちらにしても日本の水道水平均高度「50」に近い値の水質ですので特に気にする心配はありません。

日本でクリスタルガイザーを購入できる店舗では、残念ながらこの二つの水源地を指定し購入することはできません。店舗によってはどちらかの水源地のクリスタルガイザーが仕入れの段階で偏っている可能性もあります。

 

 

クリスタルガイザー レビューランキング
楽天ウェブサービスセンター
スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

このエントリーをはてなブックマークに追加
» クリスタルガイザーシャスタ産の危険性は?賞味期限切れの心配も