南阿蘇asoの水素水ってどうなの?【会話で分かる】口コミもちょっと調査!

「最近、疲れているようね。どうしたの?」

「なんだか、疲れがたまって、お肌も荒れちゃったし。あなたは、いつも元気だね。何か、しているの?」

「 何もしていないわよ。ただ、この頃、南阿蘇asoの水素水を飲んでるよ。」

「水素水? それ何? 体にいいの?」

 

このような会話が、オフィスの給湯場で話されているかもしれませんね。
そこで、今日は、「南阿蘇asoの水素水」について、ご紹介します。

水素水って、何?

私たちの体内では、常に活性酸素と呼ばれるものが発生しています。細胞内にあるミトコンドリアが栄養素を分解してエネルギーを作り出すときに発生するといわれています。この活性酸素にも善玉と悪玉があって、善玉の活性酸素は白血球が細菌やウイルスを攻撃する際に使われます。

困るのは、悪玉の活性酸素。この悪玉の活性酸素は、細胞を酸化させたり、DNAを傷つけたりして老化を早め、生活習慣病を引き起こしたりするのです。

そこで、この悪玉活性酸素を退治するのが、水素水なのです。昔、学校で化学を学んだ時を思い出してください。単原子の水素(「H」)は、他の物質とすぐに結合する性質がありました。

このような水素をたくさん含んでいるのが、水素水なのです。この水を飲めば、体内の活性酸素と結合して水に変化し、結果として活性酸素が除去できるというわけです。

そして、この「南阿蘇asoの水素水」は、特許技術でナノバブル化し、1ml中に1,500万個入っています。他社とは水素溶存量がちがうのです。

なお、水素水に含まれている水素は、食品添加物として厚生労働省で認められたものなので安心です。また、この水素は悪玉活性酸素のみを除去しますので、ご安心を。反応しなかった分は呼吸と共に体外にでてしまいます。

ミネラルのシリカがGOOD!

 
さらに、この「南阿蘇asoの水素水」は、九州阿蘇山の麓に位置する南阿蘇村のブナの原生林を水源とした天然水です。特徴は、カリウム・マグネシウム・カルシウムなどのミルラルを豊富に含んでいることですが、特にミネラルの中でもシリカを多く含んでいるのです。

このシリカは、人間の体内に存在しており、コラーゲンを合成してハリのある肌をつくったり、有害なミネラルであるアルミニウムを排出したり、腸内環境の改善、筋肉の老化予防、血行の促進や冷え性の改善など、健康維持のために働いている大切なミネラルです。しかし、このシリカも加齢とともに減少していきますので、やはり補給をするほうが健康に良いということになります。

「南阿蘇asoの水素水」には、1ℓあたり55㎎含まれています。十分ですね。

口コミ調査!

ちょっと、口コミを調査してみました。いろいろありましたが、肌にサラサラ感が出てきたとか、お肌の調子が良くなったというレビューが多いようです。中にはアトピー体質が少し改善したような気がするとか、便秘が徐々に改善してきたというのもありました。また、味もまろやかで好評でした。

一方、 効果は今のところ実感できない、効果は未知数というレビューもありましたが、総合評価も良かったので、一度試してみる価値はありそうですね。

老化を予防し、健康を維持するために!

お肌や健康のことをいくら悩んでも、悩むだけでは解消しません。日頃飲んでいる水を「南阿蘇asoの水素水」にかえて、体やお肌のケアをしてみませんか。

「最近、調子いいようじゃない、どうしたの?」

「南阿蘇asoの水素水、飲みはじめて、なんだか体調がいいの。お肌もいい感じ!」

 
こんな会話をしたいですね♪

 

 

Amazon 楽天ウェブサービスセンター
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
更新:2018-10-24

水素水 レビューランキング
楽天ウェブサービスセンター
スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 南阿蘇asoの水素水ってどうなの?【会話で分かる】口コミもちょっと調査!