ボルヴィックは硬水なの? 実は軟水なんです!!


image

フランス産(ヨーロッパ)なので、硬水だと認識している方も、結構多いと思います。
私も実は、最近まで硬水だと思ってました。(# ゚Д゚)
お値段も安くはないので、他のミネラルウオーターを買ってしまう、軟水なら飲みやすいし買いたいという方には通販で購入するといいかもしれません。
重たい思いをせず、好きなとき手軽に飲めますからね♪

ボルヴィックとは?

ボルヴィックはフランス中部のボルヴィック村でうまれました。
火山活動で生まれた特別な地層と、美しい緑に囲まれた
オーヴェルニュ地方の地下水をそのまま汲み上げました。
ヨーロッパでは珍しい硬度60度の軟水で、
日本人の口にもよくあう飲みやすいミネラルウォーターです。

上記の文面だけでも、なんだか身体に良さそうな感じです!(☆∀☆)
湧水をそのまま、ボトリングしているのもポイントが高いと思います。

ボルヴィックは軟水

含まれるミネラルの量によって、ミネラルウォーターは大きく2種類。これは硬度と呼ばれ、日本では、硬度100以下を軟水、硬度100以上を硬水とするのが一般的です。

ちなみにボルヴィックは硬度‥‥60度(軟水)です。
日本のミネラルウオーターの代表格として『南アルプスの天然水』の硬度‥‥30度(軟水)なので、それに比べると高めですが、硬度100以下なので軟水に分類されます。

お味は?

当然ながら、日本と同じ軟水なので飲みやすいです。
硬水と飲み比べると、まろやかで、微かに甘みを感じられます。
雑味や匂いなど一切無く、美味しいです。
軟水は、料理やコーヒーなどにも使うと格段に美味しいです。

軟水じゃ飲む意味が無い!?

硬水は飲みにくいですが、それだけミネラル量が軟水より多いということです。
お水に成分を重要視しすぎて、飲みにくい硬水を無理して飲む必要は無いと思います。
ボルヴィックは、程良い硬度なので、充分な量のミネラルを補給できます。
毎日飲む水は美味しいに越したことありませんよね(*^^)v

ボルヴィックの秘密

採水地は、水源地の北方にあるボルヴィック村です。厳重な環境保護と徹底した水質管理のため、関係者以外には非公開なのです。

採水地の地下90mに設置したポンプで採水され、一切の殺菌・除菌処理をせず、一瞬たりとも空気に触れることなく直接ボトリングされているんです。

自然の奇跡により生み出された火山層と約5年という地層での滞留時間によって、絶妙なバランスでミネラルを含んだ、ヨーロッパの水の中でも珍しいまろやかなのどごしのミネラルウオーターなのです。

おわりに

ボルヴィックはミネラルウォーターの中でも高価だと思っていましたが、調べれば調べるほど納得でした。
簡単にまとめると『世界の厳しい基準を満たしている水』なのです。
ヨーロッパのでは珍しい軟水は希少価値が高く、日本人にも飲みやいです。
最も美味しいミネラルウォーターだと、世界で評価されるのもうなずけます☆

 

 

楽天ウェブサービスセンター
楽天ウェブサービスセンター CS Shop
更新:2017-11-14

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

一緒に読まれている関連記事

%e7%84%a1%e9%a1%8c8

このエントリーをはてなブックマークに追加
» ボルヴィックは硬水なの? 実は軟水なんです!!